先輩社員メッセージ

印刷する
加藤 浩直

これが私の仕事

私が働いている生産技術課では設備保全だけでなく設備改善・設計開発といった技術的な仕事を一貫して行なっています。配属当初、私の仕事は設備保全と設備改善でした。設備保全は故障した設備の修理を行ったり、故障しないよう設備のメンテナンスを行ったりする仕事です。設備改善は生産ラインの効率を上げるためにどうすれば良いかを考え、設備設計・部品発注から導入まで行います。最初から最後まで自分自身で行なっていくことから、大変なことも多々ありますが、設備が完成した際にはとても大きな達成感に満たされる仕事です。現在は線バネの設計や開発業務に携わる仕事を行っています。

だからこの仕事が好き!一番嬉しかったこと

私は生産技術課に配属され様々な改善活動を行ってきましたが、その中でも一番嬉しかった活動は線バネの熱処理設備の改善です。改善前は設備で巻いた線バネを電気炉に1列で自動投入していましたが、その方法では熱処理工程よりも巻工程の生産能力が高い為、ロスが発生していました。そこで複数列で流すことはできないか?と考え、電気炉の設計から組立まで行いました。しかし、組み付けが上手く出来ず、電気部品も上手く動作しない等、簡単には完成に漕ぎ着けられませんでした。そこで上司や先輩方にアドバイスをもらい、それを元に試行錯誤を繰り返した結果、新設備を完成させることができました。現場の方々からは新設備のお陰で生産数を上げることができ、作業もやり易くなったと感謝され、最後まで諦めずにやって本当に良かったと思いました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由

私が知多鋼業を選んだ理由は二つあります。一つは「技術的な仕事がしたかった」という理由です。就職活動の際、漠然と技術的な仕事をしたいという考えはありましたが、「具体的に何がしたいか?」と問われるとハッキリ分からない、というのが正直なところでした。自分は設計に向いているのか、生産技術に向いているのか、それとも開発技術なのかが分からないまま就職活動を行なっていた中、知多鋼業の会社説明会に参加しました。その際、知多鋼業の生産技術は設計・生産技術などといった技術的な仕事を一貫して行うという説明を聞き、ここなら自分のやりたいことが見つかるかもしれないと思いました。二つ目の理由は会社説明会で先輩社員の話を聞いた際、とても職場の雰囲気の良さが感じられ、どんな質問に対しても丁寧な回答が返ってきた点です。

就職活動アドバイス

私と同じように自分がどんな仕事がしたいか明確に分からない学生の方は多いかと思います。やりたい事に悩んで、インターネットで調べたりするだけでは本当の答えは見えてきません。会社にはそれぞれの考えがあり、目指しているものがあります。たくさん会社説明会に参加し、多くの会社を自分の目で見て、先輩の方々の意見を聞くことで会社の雰囲気や目指しているものが分かり、自分はどの会社でどのように働きたいか、というのが見えてくると思います。

お問い合わせ先

窓口 知多鋼業株式会社 総務課(平田、関谷)
連絡先 〒486-0903 愛知県春日井市前並町2丁目12番地4
TEL.0568-27-7750
お問い合わせ 採用情報等に関して、お問い合わせを受け付けております。
ページの先頭に戻る